インフルエンサーマーケティングが注目を集めているらしい

こんにちは!

世捨て人ブロガーS氏です。

インフルエンサーマーケティングが注目されているらしい!

まずインフルエンサーマーケティングとは世間に影響力のある人物がCMやテレビ番組に出演して消費者に購買意欲を与えるといったマーケティング方法。

ん?全然昔からある王道のやり方じゃないの??とこのニュースを見るまで僕は思っていました。

YouTubeの「売れっ子」に大企業が群がる理由(クリックすると東洋経済ホームページに飛びます)

どうやらいまはテレビ離れや雑誌離れが現代の若者(10代~30代)に起こっているらしい。そうなってしまうとテレビや雑誌だけでは商品などの宣伝をしても伝わらなくなってしまう。もはや若い世代の生活の一部であるYoutubeやツイッターなどのSNSを宣伝の手段として使う。そこでインフルエンサーの代表格である人気Youtuberと企業が組んで商品などの宣伝をするといったもの。

そうすることによって幅広い年齢層には広がらないが狙ったターゲットに強く響くのがこのインフルエンサーマーケティングの狙いだそうだ。

たしかに最近よく人気YoutuberがテレビCMやテレビ番組に出ているのを目にする機会が多い気がするな~なんて思っていました。インフルエンサーマーケティングを詳しく知る前からこれが浸透していることを僕自身実感していたということになりますね!

企業側はより価値のある宣伝をしてもらえ、インフルエンサー側は活躍の場が増える

上記にも書きましたが、やはり最大のメリットは狙ったターゲット層に強く響く部分にある。漠然とした広いターゲットよりもその商品などを紹介する人気Youtuberを支持するファンに強く響くことに価値(なんというかひとつの戦略として)があると企業側は判断しているということになる。

そしてインフルエンサー側としても活躍の場が増える。お互いがアピールできて、まさにwin-winの関係なのではないだろうか。

消費者である僕としては新鮮な感覚になり、あまり興味がないジャンルでも自然と目に入り印象に残るという感覚を感じています。これが僕達消費者にとってメリットかどうかは不明だが。

ブロガーやアフィリエイターも広告主とタイアップなどしているのをたまに見かけるので、アフィリエイトを始めた僕としては何かしらのタイアップを目標としたいです。

全くの無関係ではなくなったインフルエンサーマーケティングに注目していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする