ネットショップを開くのは?

こんにちは!

世捨て人ブロガーS氏です。

 

 

ネットショップを開くのはどう?

 

独立する方法としてネットショップを開いて、ネットショップオーナーになるのはどうなのか考えてみました。

ネットショップとは、至ってシンプルに実店舗ではなくネット通販のみ取り扱う訳です。取り扱う商品のジャンルに縛りはなく、雑貨や服、おもちゃなど、特技があるなら手作りの商品でも大丈夫なようです。

つまり得意なジャンルでショップを開けばいいというわけですね!

 

 

 

ネットショップを開くには?

 

1.自分のホームページを開設してはじめる

自身のネットショップを開くにはこのブログのようにドメインの取得とレンタルサーバーと契約しなければならないようです。詳しくは省略しますが、こちらの記事で書いたようにプランなどによって値段は変わりますが、僕は年間でレンタル代1万円近くかかっています。

参照:ブログをワードプレスに移行!

そして購入者のためのクレジットカード決済などのシステム導入もしなければいけないようです。

 

 

 

2.大手ネットショッピングモールで出店開業

有名なところでは楽天市場とヤフーショッピング。実際に出店開業していないので詳しくはわかりませんが、自身のホームページを開設するよりは手間などは少ないのではないかと思います。決済方法(クレジットカード決済など)は各モールで用意してもらえるようです。

参照:日本最大級のECモール】楽天市場に出店・開業しよう!

参照:ネットショップ開業ならヤフーショッピング

(クリックすると各ホームページに飛びます)

 

 

 

自身でホームページを開設するか大手ネットショッピングモールに出店するかを比べてみると

自身:手間はかかるが手数料などがかからないため取り分が減らない。だが信用を獲得する必要がある。

大手に出店:手間はかからないが手数料などが取られるため取り分が減る。大手出品のため信頼度が高くなるのではないかと思われる。

 

 

自分のページを開設しつつ大手に出店できるのかもしれませんが、比べてみるとメリットデメリットがありますね~

 

 

 

仕入れはどうするの?

 

商売と言えば、商品を仕入れる必要がありますね。ネットショップの場合は仕入先をどうやって探すのか調べてみました。

 

□ネットで仕入れることができる!

どうやら個人でネットから仕入れることが可能なようです。ただしネットショップを開業している必要があります。

参照:楽天B2B | 楽天が運営する卸・問屋・仕入れ・卸売専門サイト

参照:もしもドロップシッピング – 日本最大級45万人が使うドロップシッピング

(クリックすると各ホームページに飛びます)

こちら以外にもたくさんあるので自分のお店のコンセプトに合わせた仕入先を選ぶことができます。

 

 

 

 

 

 

向き不向きで選ぶか、実店舗を構えながら+αでネットショップをするという選択

 

ネットショップについて調べた感想としましては、ネットショップ限定で開業する場合は実店舗を構えないでマイペースに商売がしたい場合には向いている印象を受けました。そして実店舗をすでに構えながら販売している場合は遠方の方にも販売できるようにネットショップも開設するという選択肢がありというところでしょうか。

接客が好きでお客様とのやり取りがしたい場合はネットショップだけで開業とはならないでしょうし、僕みたいな社会不適合者タイプの場合は選択肢としては十分ありなのかな?と思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です