Google AdSense申請するも一瞬で玉砕!

こんにちは! 世捨て人ブロガーS氏です。     意気揚々とグーグルアドセンス申請するも… ここともうひとつブログをコツコツ更新しています。グーグルアドセンスの申請の基準として最低20記事以上は欲しいというように書かれているサイトが多かったので「25記事書いたから試しに申請してみよう」とGoogle... Read More | Share it now!

残業と言う概念が嫌い!長時間労働が美談化されるのもよくわからない!

こんにちは! 世捨て人ブロガーS氏です。     残業しまくったという武勇伝を語ってくる人もいた! 「俺が若い時は毎日日付が変わってから帰るのが当たり前だったよ」 などといった上司からどうでもいい武勇伝を語られたことがある人も多いはず。僕もよくそういった類の自慢や武勇伝をよく語られたことがある。 「日本人が「残業」から一向に逃れられない理由」(クリックすると東洋経済ホームページに飛びます) 僕は残業という概念は基本的に好きではない。もちろんその日中にどうしてもやらなければいけない仕事があり残業をして片付けるというのは正当な方法だと思う。 ただ日常的には定時間内に仕事を終わらせようといった姿勢で仕事に取り組むべきであると思うし、ダラダラ仕事をして定時間内に終わらなかったから残業する、その結果残業を重ねることになり、それを自慢げに語るのはズレているとシンプルに思う。 上記のニュースにあるように受け取る側も残業は美談として見ているように思わざるを得ない。 残業をしないで定時間内に仕事をこなす人間より毎日ダラダラ生活残業をして頑張っているように見える人間の方が評価が高かったりするのを僕は目の当たりにしてきた。仕事量に僅かに差はあるとしてもどう考えても前者の方が評価されるべきであるし、そもそも上司の評価の仕方がおかしいのは言うまでもない。   こういった間違った考えや捉え方が起こるので残業という概念が僕はあまり好きではない。   残業や長時間労働問題は深刻 業種や業界によってはどうしても残業が長くなってしまい長時間労働になってしまうことがあると思う。残業という概念は無くしようがないようにも思える。 どんな仕事でもどうしてもイレギュラーが起こったり、お客様とのやり取りがあるなら自分が思うように完璧に事が進むのはむしろ難しい部分がある。中にはいじめやパワハラで仕事を押し付けられて残業をしなくてはいけない人もいるかも知れない。 そうなってしまうと過労死や過労自殺といった最悪の結果を招いてしまう。 残業や長時間労働を完全には無くすことはできないであろうから本当に深刻な問題だと考えてしまう。   日本だけのせいにするのは違うのではないだろうか 「日本は働きすぎだ!」「日本の風習がおかしい!」と言った意見もたまにみる。もしかしたら一理あるのかもしれないが、完全には賛成できない。 文句をタラタラいうぐらいなら自分の肌に合う国に行って働くか、自分で稼ぐシステムを築き上げるべきなのではないだろうか。 ただ簡単に起業や独立ができるかとなるとまた話は変わってくるが。 参照:この時期になると絶対目にする新社会人が即バックレ退職ニュース そうなってしまうと文句を言い続けるか、我慢して働くしかなくなってしまうのも事実。   ただし本当に無理だと思うならなんとか行動しようとするのではないだろうか。 ... Read More | Share it now!

アフィリエイトに取り組む考え方がブレる時期突入!何が正解かが見えてこない!

こんにちは! 世捨て人ブロガーS氏です。     一体何が正解!?いろんな情報が錯綜し自分に合った考え方や手法がわからない! 「アフィリエイトに対する考えや自分にとってどれがマッチしている手法なのか?」 なんて自ら経験して積んでいくことによって自分に合った考え、手法が見えてくるのはアフィリエイトのみならず様々なジャンルにも言えることなのでこの時期に突入することを覚悟はしていたのですがなかなか苦しい時期です。 いろんなサイトやブログを見れば見るほど「一日何個も記事を書け!一日ひとつの記事を書くだけで儲かるわけない」と言った厳しい考えや「二、三日に一個の記事だけでもいいから絶対続けるべし」と言った優しめのもの、そして「ホワイトハットが最強」や「ブラックハットが最強」と一体どうすりゃいいの!?と初心者の僕には戸惑う情報が錯綜し翻弄されています。 まだ手法がどのほうがいいなんて悩む段階にまで来ていないのでブラックだろうがホワイトだろうがどっちにしても利益には繋がらないでしょうが。運良く利益を出せても安定感は出せないとも考えられます。   遠回りしてでも徐々に経験値を積むべきでしょうが、やはりできる限り自分に合った方法で攻めていきたいという下心というか貴重な時間を無駄にしたくないという焦りも全く無いとは言い切れない状況です。   根性論は嫌いじゃないけど合理的にも行きたい! 最終的には「気合だ!」「根性で乗り切れ!」といった根性論で貫くのも嫌いじゃありません。 はじめのうちは記事をひたすら書きまくって少しずつコツを掴んでいくべきなのでしょう。今までの人生で毎日文章を書くという習慣があったわけではないので尚更ですね。 もし昔は小説家など文字を武器とした職を目指していたといった野望があったり目標があったのであればまた話は違うのかもしれません。 いままで文章を真剣に書いてきたのはせいぜい読書感想文と反省文程度です笑 ツイッターでその時思ったことを書くのとブログで考えや解説を書いていくのはツイッターとブログをほぼ同時に始めたのですが、似ているようで全くの別物だと個人的には感じています。 ツイッターは思ったことをただただランダムに書いていくので気兼ねなく書けるのですが、ブログは見ていただいている方にできる限りわかりやすく構成を考えながら書く分、同じ文章を書くとは言え難易度が全く違うなと。   なるべく「合理的に攻めたい!無駄なく攻めたい!」といった気持ちがあっていろいろ調べてはみるのですが全く答えが見えてこないので「もうわからない!気合だ!気合だ!」と根性論に行き着いて、また「いや待てよ。やっぱ無駄なんじゃないか?」という無限ループに突入しています! つまりブレまくってどうすりゃいいのという状態で悶々としています。あっているかわからない暗闇の中を突っ走るって本当に恐怖!   やっと検索からのアクセスが! このブログともうひとつブログを育てているのですが、はじめはもちろん全くアクセスはなく壁に向かって独り言状態。1ヶ月で20記事ほど記事を書いてようやく検索からのアクセスが!めっちゃ嬉しい! 全くの無反応だったGoogle... Read More | Share it now!

4月17日~21日のトレードを振り返ってみる

こんにちは! 世捨て人ブロガーS氏です。     トレード振り返り 4月17日~21日のトレードを振り返って見たいと思います。   トレード履歴 今週は+2,348円となりました。 スーパーコツコツモードに入っています。あまり心配はしていませんが、週末に行われるG20とフランス大統領選挙を控えていることからリスクヘッジを意識して細々とトレードしてきました。 小さい利益でも数週間連続でプラスなことに喜びを感じています。 ... Read More | Share it now!

インフルエンサーマーケティングが注目を集めているらしい

こんにちは! 世捨て人ブロガーS氏です。     インフルエンサーマーケティングが注目されているらしい! まずインフルエンサーマーケティングとは世間に影響力のある人物がCMやテレビ番組に出演して消費者に購買意欲を与えるといったマーケティング方法。 ん?全然昔からある王道のやり方じゃないの??とこのニュースを見るまで僕は思っていました。 YouTubeの「売れっ子」に大企業が群がる理由(クリックすると東洋経済ホームページに飛びます) どうやらいまはテレビ離れや雑誌離れが現代の若者(10代~30代)に起こっているらしい。そうなってしまうとテレビや雑誌だけでは商品などの宣伝をしても伝わらなくなってしまう。もはや若い世代の生活の一部であるYoutubeやツイッターなどのSNSを宣伝の手段として使う。そこでインフルエンサーの代表格である人気Youtuberと企業が組んで商品などの宣伝をするといったもの。 そうすることによって幅広い年齢層には広がらないが狙ったターゲットに強く響くのがこのインフルエンサーマーケティングの狙いだそうだ。   たしかに最近よく人気YoutuberがテレビCMやテレビ番組に出ているのを目にする機会が多い気がするな~なんて思っていました。インフルエンサーマーケティングを詳しく知る前からこれが浸透していることを僕自身実感していたということになりますね! 企業側はより価値のある宣伝をしてもらえ、インフルエンサー側は活躍の場が増える 上記にも書きましたが、やはり最大のメリットは狙ったターゲット層に強く響く部分にある。漠然とした広いターゲットよりもその商品などを紹介する人気Youtuberを支持するファンに強く響くことに価値(なんというかひとつの戦略として)があると企業側は判断しているということになる。 そしてインフルエンサー側としても活躍の場が増える。お互いがアピールできて、まさにwin-winの関係なのではないだろうか。   消費者である僕としては新鮮な感覚になり、あまり興味がないジャンルでも自然と目に入り印象に残るという感覚を感じています。これが僕達消費者にとってメリットかどうかは不明だが。 ブロガーやアフィリエイターも広告主とタイアップなどしているのをたまに見かけるので、アフィリエイトを始めた僕としては何かしらのタイアップを目標としたいです。 全くの無関係ではなくなったインフルエンサーマーケティングに注目していきたいと思います。 ... Read More | Share it now!

この時期になると絶対目にする新社会人が即バックレ退職ニュース

こんにちは! 世捨て人ブロガーS氏です。     新社会人全員が社会適合者な訳がない   前回に引き続きまたヤフーニュースから。 入社2日目で“ばっくれ”退職した新社会人(22歳)の言い分「初日でこの会社はないなと見切りはつけてた」(クリックするとヤフーニュースページに飛びます)   毎年この時期になると絶対目にする新社会人が速攻で会社を辞めるニュース。ゆとりゆとりと言われる現代の若者(ちなみに僕もゆとり世代)が「これだからゆとりは」と呆れられても仕方がない行動かも知れない。 この記事の場合は「想像と違ったからはやめに見切りをつけてやめた」ということになる。   ヤフーニュースのコメント欄には 「社会を知るほど社会に出たこともないやつが見切りをつけるなんて甘えだ」 「今後の日本が心配だ」 などというコメントがあり、なかなかの荒れよう。 「辞めるのは自由だがさすがに正式な連絡をとってやめるべき」 といったかなり正当な意見も。     うん。わかる笑 社会不適合者な僕はこのバックレ新社会人の気持ちは痛いほどわかる。 もちろん正式な連絡をしてやめるべきだが、不適合者がたぶんどんな会社にいっても何かしらの難癖をつけて「この会社はおかしい」「この上司はおかしい」だので結果やめる羽目になると僕は思う。 毎年大体100万人近くの新社会人誕生している中で全員が全員、社会に適合するとは考えられない。つまりこのようなニュースが毎年出てきて当然のような気もする。 さらに会社に入社してみないとわからない部分が多いし、会社との相性も運の要素が多い。 社会に出る前に「自分は組織に向いていないから就職はしないで生きよう」と事前に気づくことができれば問題がないのかもしれないが、組織に向いていないからといって就職せずにどうすれば幸せに生きていけるのかは誰も教えてくれません。むしろ就職して当然といった考えがどうしても多数派意見なのも事実です。 もっともっとクリーンな世界で独立や起業、社会不適合者が生きていく方法が流通して欲しいと思っています。 参照:会社に勤めずに生きている人はどれくらいいるんだろう?       勇気と希望を与えたい   僕は2017年から会社をやめて、FXトレードとアフィリエイトで生きていけるかを検証中です。この二つのジャンルは一部の天才か金持ちの道楽なのではないかと思っている方は多いのではないでしょうか。と言うか僕はそう思っています笑 上記にも書いたように不適合者が生きていく方法が流通してほしいなどと他人任せで指をくわえて待っているだけではなにも始まりません。自ら行動して見せつけたいです。 特別な才能などがない凡人中の凡人の僕が成功したら勇気と希望を与えられるのでは? と思っています。 この二つは会社に雇われないで生きていけるわけです。人間関係が苦手だったり、自由に生きたいとなると最高のビジネスではないかとも考えています。 雇われないで生きていく方法もしくは副業などを模索していてトレードやアフィリエイトを目にしたとしても「本当に稼げるのか?」となってしまうなか、凡人が1から始めて稼げるようになる過程を目にすれば「こんな凡人でもできるなら自分にもできるかもしれない!」「絶対雇われないで生きていきたいから自分も頑張ろう!」となってもらえたらと現段階では思っています。 このブログの目的はこれです。     まだトレードでしか稼げていないのでアフィリエイトでも稼げるように頑張りたいと思います。 ... Read More | Share it now!

インターネット広告市場って1兆円越えの規模だったとは!

こんにちは! 世捨て人ブロガーS氏です。     インターネット広告市場の規模の大きさに驚く   ヤフーニュースを見ているとこんなニュースを発見。 ネット広告媒体費、スマホ向けが6割を占める(クリックするとヤフーニュースページに飛びます)     インターネット広告市場規模は1兆3100億円と書いてあり、想像より規模の大きさにびっくりしました! ちなみに出版、タクシー、ホテル、旅館、それぞれの市場規模とほぼ同等でした。     ヤフーニュースページと重複する部分がありますが、その内パソコン広告は3902億円(38%)スマホ広告は6476億円(62%)となっていて「スマホ広告の方が占めているのか!」とスマホ市場の著しい拡大にも驚きます。前年比もパソコン広告は7%減、スマホ広告は30%増(どちらも2016年) そして2017年には24%増の8010億円を推定しており、スマホ広告が全体の60%を占める!!     てことはこれからはスマホ広告に力を入れればいいのか!?なんて単純思考になってます。まぁどのような区分けなのかは詳しくはわかりませんが。(パソコン広告とスマホ広告共通の広告があると思われるから)いずれにせよインターネット広告市場はまだまだ成長していくと言うことは言えそうです!           アフィリエイトだけで絞るとそこまで大きい市場ではない   ただアフィリエイト広告だけで絞ると1457億円(14%)と少しパンチとしては弱めです。 ちなみにこの規模で比較してみると動画配信、インスタントコーヒー、大人おむつ、アダルト、それぞれの市場規模と同等でした。アフィリエイトは結構ニッチな業界だということが見えてきました。 アフィリエイトの歴史は1996年に通販サイトAmazonが始めたのがアフィリエイトの始まりだそうです。てことはまだ20年ほどと歴史は浅めです。まだまだ成長する市場なのも納得がいきますね~ アフィリエイトには先発組と後発組と言われる不思議な境界線があると言われています。どこからが先発組かは不明ですが僕は完全に後発組になります。しかも「後発組は稼げないよ!」なんて耳を塞ぎたくなる(いや目か)文字列を滅茶苦茶目にします笑 もちろん中には先発組か後発組かなんて関係ない、そんなの都市伝説だ、といったことも目にするので関係がないと証明してみせたいですね!     ... Read More | Share it now!

アフィリエイトってマラソンに近い気がしてきた

こんにちは! 世捨て人ブロガーS氏です。     わかっちゃいるけど成果が全く出ないのはやはり辛い!   トレードを記録し始めてからほぼ1ヶ月が経ったと同時にアフィリエイトも始めてから1ヶ月が経ちました。 参照:4月10日~14日のトレードを振り返ってみる(トレード記録開始から1ヶ月経過)   1ヶ月経ちましたがアフィリエイトは正直全く手応えを感じられていません!笑 始める前からわかってはいましたがやはり辛いですね~     検索からのアクセスは今だに0です。 つらい笑     トレードは簡単に利益を出せているように見えますが、たしか今年でトレード歴は5年目で最初の3年間ぐらいは散々な結果でした。そこから猛勉強の日々で毎日チャートと睨めっこ。相場の動かない休日はトレード関係の書籍を読みまくっていました笑 雇われないで生きていきたくてほんと必死でしたね~ようやく去年、年間プラス収支となりました。(たった2万程度ですが笑)利益は少なくてもこの一歩はほんと大きかったです。まだまだ弱小トレーダーですが少しずつ前進できている実感を感じています。   つまりアフィリエイトを始めてたったの1ヶ月で 「なに甘えたこと言ってやがる!」 って話になりますね笑   トレードはある程度運の要素で利益を出せることがありますがアフィリエイトはほぼない気がしています。コツコツやっていくしかないんだろなと。アフィリエイトで少なくても利益を出すことで稼げる実感を感じることは大切と目にするのですが、本当に大事だと思っています。         アフィリエイトはマラソン!?   僕は趣味でランニングをしていて始めたばかりの頃は2~3キロ走るのもしんどいといったレベルでした。そこからコツコツと距離を伸ばしつつ、ランニングを始めて3年目でフルマラソン42.195キロを完走できるまでに成長しました! 始めはしんどかった2~3キロが今となってはウォーミングアップに感じるぐらい楽勝です。     これをアフィリエイトに置き換えてみると… 数年後には2000文字の記事を書くなんて楽勝で、利益がなかったあの頃が懐かしいな~ なんて思える日が来るのか!?なんて夢見ています笑 もちろん継続が全てといっても過言ではないのかなって思いますので、諦めずに進んでいきたいですね。         もう一度言うとわかっちゃいるけど言いたいのは「利益がないのはやはりツライ」でした笑 ... Read More | Share it now!